信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

大町 鷹狩山展望台
大町 鷹狩山展望台

御岳ロープウェイ
御岳ロープウェイ

松本「槍ケ岳パフェ」
松本「槍ケ岳パフェ」

御嶽山 鏝絵
御嶽山 鏝絵

八ケ岳・雨池 新登山道
八ケ岳・雨池 新登山道

鷹狩山展望台の北ア案内板 大町の協力隊員が塗り直し
2020/11/07 10:14
YAMA2020110701425501.jpg

 大町市の地域おこし協力隊の永澄(ながすみ)祭さん(36)が、市街地の東側にある鷹狩(たかがり)山(1164メートル)の展望台2階の北アルプス案内板を塗り直している。展望台から見える山並みが描かれていたが、色あせて傷んでいた。特技を生かして色鮮やかに再生させ、鷹狩山への注目が高まることを期待している。

 案内板は縦60センチ、横4・6メートル。南は大滝山から北は白馬乗鞍岳まで、山の名前と標高が書かれていたが、「すっかり色あせて誰も目を向けていなかった」という。京都市立芸術大で学び、店舗の内装を描く仕事もしていた永澄さんは、自分で手直ししようと市に申し出た。いつ誰が設置したかも分からなくなっていたが、許可を得て10月から、仕事の合間に塗り直してきた。

 北アルプスは元の絵をなぞったが、里山の部分は展望台から見える景色に合わせて修正し、高瀬川の両岸に延びる樹林も描き加えた。作業中に展望台を訪れた人に声を掛けられ、観光案内をしたことも。山好きの永澄さんは展望台が気に入っており、「市街地から車で10分ほどでこの景色が見られる。もっと注目されるといい」と願っていた。

写真説明:鷹狩山展望台にある北アルプス案内板を塗り直している永澄さん


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun