信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

御嶽山 携帯基地局
御嶽山 携帯基地局


山小屋商品ネット販売
山小屋商品ネット販売

北ア 環境相に窮状訴え
北ア 環境相に窮状訴え

御嶽山頂剣ケ峰
御嶽山頂剣ケ峰

入笠山で自然を堪能 花や地形、理解深めるツアー
2020/08/11 11:06
YAMA2020081101383901.jpg

 国民の祝日「山の日」の10日、伊那市と富士見町の境にある入笠山(1955メートル)に登り、山域の花や地形について理解を深める「エコ・ジオガイドツアー」があった。例年は首都圏の参加者がいるが、今年は伊那市や諏訪地域の7人のみが参加。ガイドの説明を聞き、八ケ岳連峰や南アルプスの眺望を味わった。

 一行は午前8時半、マスクを着けて同町の富士見パノラマリゾートを出発。ゴンドラで山頂駅(1780メートル)に移動し、入笠湿原で見頃を迎えたオレンジ色のコオニユリなどを楽しんだ。その後、テイ沢や大阿原湿原を経て山頂までの往復14キロのコースを巡った。

 友人と2人で参加した伊那市のパート織井恵子さん(61)は「マスクは暑かったが、花がたくさん咲く良い時季に来ることができた」と喜んでいた。

 ツアーは、伊那市や富士見町などでつくる「入笠山観光連絡協議会」が毎年開いている。

写真説明:多くの花が見頃を迎えた入笠湿原を進むエコ・ジオガイドツアーの参加者


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun