信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

西穂山荘 冬山講習会
西穂山荘 冬山講習会

西穂山荘 冬山講習会
西穂山荘 冬山講習会


川上 岩場紹介パンフ
川上 岩場紹介パンフ

駒ケ岳ロープウェイ運休
駒ケ岳ロープウェイ運休

蝶ケ岳ヒュッテ60周年写真集 槍・穂高、高山植物…
2019/12/27 11:07
YAMA2019122701278801.jpg

 北アルプス蝶ケ岳(2677メートル)山頂近くの山小屋「蝶ケ岳ヒュッテ」は今年、創立60周年となり、記念写真集「天空の展望地蝶ケ岳」を自費出版した。40年来蝶ケ岳で撮影している写真家、熊沢正幸さん(66)=東京都=の約60枚を収めた。ヒュッテ周辺から望む槍・穂高連峰や、蝶ケ岳山腹の新緑、お花畑などを紹介している。

 蝶ケ岳は谷を隔てた同連峰の眺望で知られる。「春山を迎えた槍ケ岳」は滑らかな雪面を1列になって進む登山者が小さな点で写っている。「夕日のひととき」は、周囲の雲を照らしながら、連峰の難所大キレットに沈む太陽を捉えている。高山植物の花を並べたページもある。

 ヒュッテは1959(昭和34)年開業。写真集出版は乳がんのため今月15日に56歳で亡くなった社長、神谷圭子さんと熊沢さんが数年前から企画。熊沢さんが構成を考えた。神谷さんの長女の梢さん(24)によると、神谷さんは完成した写真集を手に「みんなに見てもらえたらいいな」と話したという。

 ヒュッテは16年にも熊沢さんの写真集を出版。熊沢さんは「前回と今回の2冊で蝶ケ岳を表現した」と話す。今回は一部の写真に撮影時の周囲の様子や感じたことを短い文章で添えた。

 写真集は横18・5センチ、縦17・5センチ、94ページ。1冊2200円(税別)。1500部作成。問い合わせは蝶ケ岳ヒュッテ(電話0263・58・2210)へ。

写真説明:「天空の展望地蝶ケ岳」を手にする熊沢さん(右)と神谷さんの長女で蝶ケ岳ヒュッテを引き継いだ梢さん


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun