信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

御嶽山 二の池
御嶽山 二の池

浅間山
浅間山

御嶽山 王滝頂上付近
御嶽山 王滝頂上付近

北ア チングルマ
北ア チングルマ

北ア 常念小屋
北ア 常念小屋

学生有志が支援、燕山荘の順天堂大診療所
2019/08/25 09:38
YAMA2019082501221401.jpg

 北アルプス燕岳(2763メートル)近くの燕山(えんざん)荘内にある順天堂大医学部夏山診療所の運営を支援しようと、同大の学生有志の同好会が開設から66年目となる診療所の活動を支えている。運営支援は同大山岳部を中心に担ってきたが、2014年の滑落事故後、休止状態に。同好会メンバーが7月中旬から1カ月半にわたって交代で入山した今季の活動は25日で終える。

 診療所は1953(昭和28)年開設。北ア鹿島槍ケ岳で14年8月、同大山岳部の学生1人が滑落して亡くなった事故後は医師と看護師だけの運営が続いていた。医学部6年の松原良一さん(23)らが「将来の診療所の医師や看護師の確保のためにも組織が必要」と考えて昨年、同好会を立ち上げた。

 同好会には医学部と看護学部の学生約60人が所属。今季は診療所が開いた7月14日から17班態勢で、4、5人ずつ交代で入山した。医師の不在時には医師の指示に基づいて市販薬を渡すほか、薬の在庫確認、診療所の清掃、医師らの子どもの面倒を見るなどしてきた。

 看護学部4年の川崎真梨さん(22)は「診療所は限られた医療設備での対応が学べる。卒業後も参加したい」。医学部副学部長で診療所代表の長岡功さん(65)は「学生がいると活気づく。今後も学生と共に伝統ある診療活動を続けたい」と話した。

写真説明:診療所の薬の在庫を確認する順天堂大の女子学生


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun