信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

浅間山
浅間山

南ア 馬の背ヒュッテ
南ア 馬の背ヒュッテ

飯田 下栗の里
飯田 下栗の里

南ア 仙丈ケ岳
南ア 仙丈ケ岳

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

浅間山、初冠雪 平年より7日早く
2018/10/22 09:59
YAMA2018102201068301.jpg

 長野、群馬県境の浅間山(2568メートル)が21日、初冠雪した。浅間山を観測する前橋地方気象台(前橋市)が同日朝、目視で確認した。日本海側にあった気圧の谷が南東へ進み、寒気が流れ込んだ影響という。初冠雪は平年より7日、昨年より4日早い。

 御代田町から眺めると、うっすらと雪化粧をした浅間山の稜線(りょうせん)が晴天にくっきりと浮かび上がった。同町御代田の会社役員上田貴夫さん(55)はスマートフォンで撮影。「青空や冠雪、紅葉のコントラストがとてもきれい。そろそろ冬支度を始めないといけない」と話した。

 噴火警戒レベルが8月に1(活火山であることに留意)に引き下げられてから多数の登山者が訪れている浅間山。小諸市の登山口にある「天狗(てんぐ)温泉浅間山荘」代表の山崎幸浩さん(52)は「山の上部は風が強く、この時季気温は氷点下に下がることもある。寒さ対策と、天気の確認をしっかりして登山に来てほしい」と話している。

写真説明:御代田町馬瀬口で、うっすらと雪化粧した浅間山を眺める人


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun