信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

南ア 仙丈ケ岳
南ア 仙丈ケ岳

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

中ア 千畳敷カール
中ア 千畳敷カール

西駒山荘
西駒山荘

「山の手帖2019」
「山の手帖2019」

気象遭難を防げ、初の「山ゼミ」開催 松本で19日
2018/10/10 11:16

 松本市や北アルプス山小屋友交会、信濃毎日新聞社などでつくる「岳都・松本『山岳フォーラム』」実行委員会は19日、フォーラムの周知を兼ねて山や自然への理解を深める初の「山ゼミ」を同市中央公民館(Mウイング)で開く。北ア西穂山荘支配人の粟沢徹さん(55)が冬山の遭難防止などについて話す。

 粟沢さんは気象予報士の資格も持っており、天候の急変に対応できずに起きる「気象遭難」を防ぐため、晩秋から冬にかけての山の気象や実際の遭難事例などを解説する。

 山ゼミは市内で計3回開く。残り2回は今年12月と来年2月。登山用品店関係者と山岳ガイドが講師を務め、登山道具のメンテナンス方法や適切な買い替え時期、登山時に必要な体力のトレーニング方法などを指南する。いずれも参加無料。

 本年度のフォーラムは、11月からまつもと市民芸術館(松本市)の主ホールが改修で使えなくなるため、来年3月に開催する。

 初回の山ゼミは午後6時半から。定員は先着80人で残りわずか。フォーラムのウェブサイト(https://www.sangaku―forum.org)から申し込む。問い合わせは事務局(電話0263・94・2307)へ。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun