信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

南ア 馬の背ヒュッテ
南ア 馬の背ヒュッテ

前掛山
前掛山

御嶽山
御嶽山

新版信州の山(中部編)
新版信州の山(中部編)

浅間山 前掛山頂
浅間山 前掛山頂

浅間山、規制緩和で記念登山 30人、前掛山山頂へ
2018/09/08 11:41
YAMA2018090801048301.jpg

 浅間山(長野・群馬県境、2568メートル)の噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)に引き下がったことに伴い、入山規制の緩和で登頂可能になった前掛山(まえかけやま)(2524メートル)への記念登山が7日開かれた。小諸市の一般社団法人こもろ観光局などが企画。悪天候で山頂からの眺望は楽しめなかったが、参加者約30人は「また来よう」と声を掛け合った。

 記念登山は1日に行う予定だったが雨天だったため、この日に順延。登山ガイドが無料で案内した。一行は午前8時半に天狗(てんぐ)温泉浅間山荘近くの登山口を出発し、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)の際に規制ロープが張られていた「賽(さい)の河原分岐点」を経由。午後0時50分ごろに雲に覆われた山頂に到着した。

 参加した会社員手水(てみず)郁雄さん(59)=小諸市=が前掛山に登ったのは、噴火警戒レベルが2に上がり、ごく小規模な噴火が発生した2015年6月の直前以来。「レベル1でしか登れないというのも前掛山の魅力」と話していた。

 登山道途中の市営火山館や浅間山荘によると、好天だった6日は130〜150人が前掛山方面へ登るなど徐々に登山者が戻っているという。

写真説明:強風と霧雨の中、前掛山の山頂に到着し、記念写真に納まる登山者たち=7日午後0時52分


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun