信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

北アの展望写真寄贈
北アの展望写真寄贈

上高地 徳沢園135年史
上高地 徳沢園135年史

燕岳テント場
燕岳テント場

山岳情報 季刊誌
山岳情報 季刊誌

西穂山荘 冬山講習会
西穂山荘 冬山講習会

中ア念丈岳―南越百山の登山道 愛好家ら2年がかりで整備
2018/08/24 11:16
YAMA2018082401040201.jpg

 松川町と飯島町の山岳愛好者らでつくる「中央アルプス南部岳人ネットワーク」が、荒れていた中ア念丈岳(2291メートル)―南越百(こすも)山(2569メートル)間の登山道を2年がかりで整備し、通れるようになった。今夏は4日間で延べ42人が、奥念丈岳(2303メートル)から南越百山までの約2・3キロで作業。復活した登山道を通って安全に山登りを楽しんでほしいと願っている。

 同ネットによると、伊那谷側から中ア南部へ向かう主な登山ルートは、駒ケ岳から南側へ縦走するか、駒ケ根市の池山登山口から入る。飯島町や松川町からは念丈岳まで一般の登山者も登山道を歩くことができた。だが、念丈岳―南越百山間の登山道は、人の背丈ほどに伸びたササが生い茂り、登山道がよく分からない状態となり、熟達した登山者でなければ通れなかった。

 同ネット代表の福沢勝好さん(73)は「登山道を整備したことで、より安全に登山を楽しむことができるようになった」と話している。

写真説明:生い茂るササを刈り、登山道を整備する山岳愛好者ら


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun