信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

南ア 仙丈ケ岳
南ア 仙丈ケ岳

西駒山荘 荷下げ
西駒山荘 荷下げ

中ア 千畳敷カール
中ア 千畳敷カール

西駒山荘
西駒山荘

「山の手帖2019」
「山の手帖2019」

宮田で初のウスユキソウサミット 保護へ知恵絞る
2018/08/12 09:47
YAMA2018081201036201.jpg

 中央アルプスの高山植物保護などについて考える「ウスユキソウサミットin宮田」が11日、2日間の日程で宮田村で始まった。中ア固有種のコマウスユキソウを村の特別シンボルに制定して20周年になるのを記念した初の催し。この日、村民会館で行われた講演とパネル討論には約50人が訪れた。

 講演では、県環境保全研究所(長野市)主任研究員の尾関雅章さんが「エーデルワイスの仲間のウスユキソウは日本に7種類生息している。日本アルプスに分布しているのはコマウスユキソウだけ」と紹介。今後の高山植物の保護に向けては、鹿などによる採食を防ぐのが重要な課題とし、「自然の魅力を地域経済の活性化に生かし、自然の保護に還元していくのも大切になる」とした。

 パネル討論には小田切康彦村長や、ウスユキソウが生息する北海道島牧村の藤沢克村長、岩手県花巻市の藤田哲司・大迫総合支所長ら5人が登壇。生息数の変化や食害の現状などを話し合った。

 12日は宝剣岳(2931メートル)南側の極楽平でウスユキソウの群生地を見学する催しを開く。

写真説明:高山植物保護や観光振興について議論したウスユキソウサミットin宮田=11日、宮田村


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun