信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

南ア林道バス
南ア林道バス

南ア 馬の背ヒュッテ
南ア 馬の背ヒュッテ

前掛山
前掛山

御嶽山
御嶽山

新版信州の山(中部編)
新版信州の山(中部編)

木曽と王滝、御嶽山の開山祭 岐阜側一部が通行不能
2018/07/11 11:28
YAMA2018071101021901.jpg

 木曽郡木曽町、王滝村にある二つの御嶽神社は10日、御嶽山の黒沢口登山道8合目の中社と、王滝口登山道7合目「田の原」の先にある「田の原遥拝所」でそれぞれ夏山の開山祭を開いた。両登山道では今回の大雨の影響で通れなくなった場所はないが、岐阜県側の一部の登山道は土砂が流れ込み、通行不能になっているという。

 木曽町の開山祭には、御嶽山を信仰する人や山小屋関係者、登山者ら約20人が出席。2014年の噴火災害の犠牲者に黙とうをささげた後、神事があった。武居哲也宮司(57)は「噴火以降、御嶽山の復興が年々進んでいるのはありがたい」とした上で、山頂部の奥社で昨年行うはずだった30年に一度の「遷宮」について、「来年の夏に行うことを目指す」と述べた。

 奥社では昨年、噴石が当たり大きな被害が出た祈〓(きとう)所の解体を終えており、今年中に建て替える計画だとした。

 岐阜県側の「五の池小屋」の管理人市川典司さん(47)は、今回の大雨で同県下呂市の濁河(にごりご)温泉からの小坂口登山道に土砂が流れ込み、通行できない状況になっていると報告。「7月末には通れるようになるよう、下呂市に掛け合っている」と述べた。

(〓は、示ヘンに寿の旧字体)

写真説明:御嶽神社中社で行われた開山祭=10日午前10時6分、木曽町


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun