信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

県警救助隊 結隊式
県警救助隊 結隊式

上高地
上高地

北アの展望写真寄贈
北アの展望写真寄贈

上高地 徳沢園135年史
上高地 徳沢園135年史

燕岳テント場
燕岳テント場

南ア「長衛祭」60回目 新たな催し企画
2018/05/24 11:41
YAMA2018052400992601.jpg

 南アルプス北部を開拓した竹沢長衛(ちょうえい)(1889〜1958年)をしのぶ「長衛祭」は6月30日と7月1日、伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(2032メートル)で開く。両市などの実行委員会主催で、60回目の今年は、日帰りで楽しめる南ア栗沢山(2714メートル)登山や仙水峠までのトレッキングなどの記念行事を企画=表。6月8日まで参加者を募っている。

 30日は、長衛小屋前にある長衛の碑の前でシーズンの安全を祈願。伊那市長谷小学校の児童らによる音楽祭やイノシシや鹿の肉を使った「成敗汁」の振る舞いがある。福井県立大の大石善隆准教授を講師に迎えたコケ観察会、同市の写真家津野祐次さんの写真教室も開く。1日は仙丈ケ岳(3033メートル)に登る。

 多くの登山者が利用する伊那市営南ア林道バスは例年4月下旬から運行するが、今年は3月に起きた林道近くの斜面崩落で延期されている。復旧は進んでおり、6月15日には運行を始める予定だ。

 実行委事務局がある市山岳高原観光課の馬場浩祥さん(39)は「長衛祭のイベントを通して例年以上に南アに親しんでほしい」としている。宿泊・バスの料金は個々に必要で、宿泊希望者は長衛小屋か北沢峠こもれび山荘に直接予約する。問い合わせは同課(電話0265・98・3130)へ。

写真説明:昨年の長衛祭で、長衛の碑前に花を手向ける参加者たち


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun