信州山小屋ネット~朝日に染まる白銀の山々(大町市の山岳博物館から)

涸沢コンサート
涸沢コンサート

遭難者救援支援
遭難者救援支援

上高地 徳沢園
上高地 徳沢園

北ア 涸沢カール
北ア 涸沢カール

ウスユキソウサミット
ウスユキソウサミット

冬の望岳の時季到来 霧ケ峰:ヒュッテジャヴェル[山小屋メール]
2018/01/18 10:56
YAMA2018011800930201.jpg

 新年になって、朝晩一段と寒さが増した。毎年今ごろの季節になると、標高1600メートルの高みの大気は冷たく透明度を増す。無色透明な大気を透かして見る周囲の高根は、日差しを受けて美しいというより、気高く映る。いよいよ冬の望岳の時季が訪れた。

 八ケ岳の頂も富士山も赤石山脈も木曽の峰々も、また北の飛騨の山並みも蓼科も、いずれも雪がまぶしく輝く。まさに輝くという表現がかなう、凛(りん)とした佇まいだ。

 年々歳々繰り返す、なじんだ景色だけれど、自然が織りなす造形にかなうものはない。気温の低さゆえの、気高さ、純粋さ、透明さなど霧ケ峰固有の冬の訪れを思う。

(ヒュッテジャヴェル 高橋保夫)

写真説明:霧ケ峰から望む、夕暮れの八ケ岳


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州山小屋ネット


掲載中の記事・写真・イラストの無断転用を禁じます
© 信濃毎日新聞 The Shinano Mainichi Shimbun