......................

伊那市長谷 在来種
伊那市長谷 在来種

伊那 寒ざらしそば
伊那 寒ざらしそば

佐久 生産から販売まで
佐久 生産から販売まで

伊那 企画展「蕎麦は正義」
伊那 企画展「蕎麦は正義」

青木 「タチアカネ」風景写真
青木 「タチアカネ」風景写真

根羽のそば、村民向けそば打ち教室 村外へのPRも模索
2020/01/08 11:13

 根羽村産ソバの魅力を村民に知ってもらおうと、村観光協会が村内でそば打ち教室を続けている。10年ほど前から村内の農事組合法人「ねばね」などがソバの栽培に力を入れてきたが、村内でも知名度はいまひとつ。まずは村民に「根羽のそば」を知ってもらい、さらに村外へPRしていこう―との考えだ。

 ねばねは現在、遊休農地を活用し、約300アールでソバを育てている。村によると、本年度は豊作で約2・4トンを収穫できた。副理事の石原理好(ただよし)さん(63)は「実が詰まった一等級のソバが採れ、生産者のやる気にもつながっている」と話す。

 ただ、村産ソバで打ったそばを食べられる機会は限られているのが現状。ねばねが生産したソバのほとんどは、村内の複合観光施設「ネバーランド」に出荷されるが、同施設が村産ソバを使ったそばを販売するのは年末やイベントに限られている。

 こうした中で村観光協会は昨年12月、村産ソバに触れるきっかけにしてもらおうと、そば打ち教室を始めた。今年10月までに計7回行う予定だ。

 村内でスーパーを営む片桐雅浩さん(46)は初回に参加し、「初めて食べたが、香りが印象的」。愛知県方面にも通じる国道153号沿いの同村には中京圏からの観光客も多いが、片桐さんは村内でそばを気軽に食べられる場所がない―と指摘。「買い物客にそばを振る舞って誘客するなど、やり方次第で観光の売りにできる」と期待している。


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊