......................

開田高原そば祭り
開田高原そば祭り

松本そば祭り
松本そば祭り

「蕎匠塾」上田で勉強会
「蕎匠塾」上田で勉強会

木曽「やまそば」
木曽「やまそば」

青木「タチアカネ」PR
青木「タチアカネ」PR

ガレット、下條らしさ抜群 地元そば粉や野菜使い講座
2018/09/13 11:06
下條産で「ガレット」講座

 下條村産のソバや農産物を使って「ガレット」を作る講座が12日、村内で開かれた。飲食店や家庭で村産食材を生かした食文化を広めたいと考えた村民有志が企画。信州伊那谷ガレット協議会代表で洋食店シェフの渡辺竜朗さん(46)=伊那市=を招き、約30人が焼き方を学び、村産野菜や卵で彩りを添えた。

 渡辺さんは、そば粉にリンゴの発泡酒シードルを加え、3日以上かけて発酵させる生地のレシピを紹介。生地のぱりっとした食感が残りやすい混ぜ方などを説明した。村産の卵やシードルで作り置きした生地を参加者が鉄板で丁寧に焼き上げた。

 参加者は自家栽培のカボチャやモロヘイヤなどを持参。ガレットにかけるソースには、村に伝わる「下條にんにく」を使ったバーニャカウダソースも登場した。浅田聡子さん(45)は「地元食材をここまで使えるのは下條ならではのぜいたく」と話した。

 講座は、村が2〜3月に開いた地域づくりを考える講座の受講者が企画。今後もガレットに関する企画を複数回開く予定だ。渡辺さんは「ガレットは地域の特徴や季節感を食材として表現できる。伝統野菜が豊富な下伊那の強みを生かして」と期待していた。

写真説明:渡辺さん(左)に教わりながらガレットを焼く参加者


北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ

信州そば漫遊