ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
別所温泉観光、大学生が点検 7月末まで、参加学生募集
2020/06/25 10:56

 県内の大学生がモニターとして上田市別所温泉を巡る企画が始まった。観光スポットや店などを自由に訪ね、それぞれについて「満足度」などを書き留める。学生の意見としてまとめて同温泉観光協会に提出する代わりに、学生は旅館「上松や」に格安で宿泊できる。7月末までで、参加学生を募っている。

 初回の23日には長野大(上田市)の学生9人が土産物店や寺、外湯などを巡ったり、店主らの話を聞いたりした。同大環境ツーリズム学部3年で金沢市出身の山本佳依(かい)さん(20)は「歴史を活用した観光に興味がある。別所温泉のために多くの課題を見つけたい。生かしてもらえるといい」と話した。

 上田地域の活性化を目指すNPO法人UFMの「上田ブランド研究所」が主催。昨年の台風19号、今年に入っての新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた別所温泉の観光振興に、学生の意見を生かしてもらおうと企画した。学生は、寺や文化財、店など訪ねた場所について、「行く前の期待度」と「行ってみての満足度」を5段階で評価。外観やもてなしなどについて感想、意見を書く。

 上松やでの学生モニター向け限定宿泊プランは、「コロナゼロ」の語呂合わせから、1泊2食付き5670円(税別)と、通常の半額以下。別所温泉観光協会副会長でもある上松やの倉沢晴之介社長(40)は「観光に携わる学生を増やしたい。学生が来て街が活気づくといい」と期待していた。

 詳細・申し込みは上田ブランド研究所のホームページから。

写真説明:土産物店で店主に話を聞く山本さん(右)

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行