ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
甘い香りとゆーらゆら 松本の美ヶ原温泉 12旅館で「りんご湯」
2019/12/31 10:53
湯船に浮かぶリンゴの香りを楽しむ宿泊客

 松本市の美ケ原温泉旅館協同組合に加盟する旅館12軒で30日、湯船にリンゴを浮かべる「りんご湯」が一斉に始まった。年末年始の客に疲れを癒やしてもらおうと、地元産のリンゴを使って数年前に始めた。年明けの1月7日まで楽しむことができる。

 丸中旅館(松本市里山辺)の湯船では30個以上のリンゴがゆらゆらと浮かび、湯気の中に甘い香りが漂った。市内の妻の実家への帰省に合わせ、同旅館に1泊するという東京都新宿区の団体職員の男性(30)は「珍しいのでびっくりした。見た目もきれいで癒やされる」と喜んでいた。

 同旅館代表社員の中野博文さん(66)は、リンゴに含まれるビタミンやミネラルは血行を良くして新陳代謝を高めるとし、保湿・美肌効果が期待できるとPR。「美ケ原温泉のお湯は湯冷めしにくい。リンゴの香りでリラックスし、1年の疲れを取ってほしい」と話していた。

写真説明:湯船に浮かぶリンゴの香りを楽しむ宿泊客

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行