ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
パンコーナー6日新装オープン 須坂「湯っ蔵んど」
2019/06/04 10:16

 須坂市仁礼の日帰り温泉施設「湯(ゆ)っ蔵(くら)んど」を運営する日本レクシー(長野市)が、施設内にあるパン販売コーナーを「蔵(くら)パン」と名付け、6日に新装オープンする。こだわりのパンの販売で、若い世代の利用者増などを目指す。3日に試食会があり、地元製造の甘酒やみそなどを使ったパンを市民らが味わった。

 これまで多種多様なパンを扱ってきたが、今後は日本人に長年愛されてきたコッペパンやカレーパン、クリームパンなど7種類に絞って販売する予定。小麦は全て県内産で、コッペパンには県内産コシヒカリの米粉や、市内でみそを製造、販売する「糀屋(こうじや)本藤醸造舗」の甘酒を使う。カレーパンの隠し味は、生地に練り込んだ同社のみそだ。価格は160円(税別)から。

 試食会では、コッペパンにハムカツやナポリタンなどの具を挟んで提供。食パンやあんパンなども無料で振る舞った。友人と訪れた長野市松代の主婦二ツ木早苗さん(32)は「牛乳パンのクリームがこくがあっておいしい。わざわざ遠出してよかった」と喜んでいた。

 施設長の宮崎和也さん(38)は「お年寄りだけでなく、子ども連れの若い世代まで多くの人に来てほしい」と話していた。

写真説明:試食会で好みの具を挟んだコッペパンを選ぶ女性ら

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行