ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
「あいそめの湯」に食事処 上田の別所温泉
2019/04/11 11:26

 上田市別所温泉の日帰り温泉施設「あいそめの湯」に11日、食事処「比蘭樹(びらんじゅ)」がオープンする。「あいそめの湯に食堂が欲しい」との利用者の声を受け、大広間だった場所を改修。10日は、開店を前にセレモニーが同施設内であった。

 食堂と厨房(ちゅうぼう)合わせて132平方メートル。これまで同施設での食事は大広間で、出前を頼むか、利用客の持ち込みでの食事のみだった。別所温泉観光協会が運営し、東京・築地で働いたことのある料理長を含む3人が調理する。野菜は上田市産にこだわり、残飯は生ごみ処理機で肥料にして、地域の農家に還元するという。

 メニューは、和食定食の「びらんじゅ御膳」(1780円)などの定食のほか、そばやカレーも用意。枝豆、から揚げなどをつまみながら、塩田地域産のブドウで醸造したワインやビールも味わえる。

 セレモニーで、土屋陽一市長は「別所温泉の食の拠点として、多くの人が来ることを期待している」とあいさつした。

 営業時間は午前11時〜午後3時、同5時〜同9時。毎月第2、4月曜日は休み。

写真説明:オープニングセレモニーでテープカットをする関係者

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行