ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
「しゃくなげの湯」お待ちかね 安曇野に日帰り温泉施設
2016/10/04 10:11

 安曇野市穂高有明に日帰り温泉施設「安曇野しゃくなげの湯」=写真=が完成し、3日オープンした。市は今後、近くに観光案内所や足湯などを2018年度末までの予定で設ける。地元産の農産物加工・販売施設「Vif(ビフ)穂高」も隣接し、安曇野の新たな観光拠点となりそうだ。

 延べ床面積は約1900平方メートルで、鉄骨造り地上1階、地下1階。天然温泉の大浴場と露天風呂、サウナに加え、介助が必要な人などを想定した貸し切り風呂も造った。松くい虫の被害木を利用する「まきボイラー」や市民の交流などを想定した多目的室も備えている。

 市は穂高有明にある老朽化した三つの温泉入浴施設を統合するため、15年8月から「しゃくなげの湯」の建設を始めた。オープンに合わせ、「温泉健康館」と「しゃくなげ荘」は9月30日に廃止。「穂高老人保健センター」は来年9月30日で廃止する。

 この日のオープニングセレモニーには市や地元関係者ら約80人が参加。終了後、開館を待っていた市民らが一斉に風呂に入った。同市穂高柏原の北条としこさん(68)は「以前の施設がなくなり寂しいが、しゃくなげの湯を楽しみたい」と期待していた。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行