ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
入館者500万人に 東御「湯楽里館」
2011/01/25 10:23
くす玉を割って入館者500万人達成を祝う湯楽里館関係者ら

 東御市和(かのう)の日帰り温泉施設「湯楽里(ゆらり)館」は、1994年12月3日の開館からの入館者数が23日、延べ500万人に達した。1日平均約900人が訪れ、16年余で到達。運営する信州東御市振興公社は同館で記念イベントを開き、500万人目とその前後の計3人がくす玉を割って祝った。

 500万人目は、週末を中心に毎週1、2度利用しているという上田市真田町本原の会社員三井道夫さん(60)。同館から500日間無料の特別入館券が贈られ「びっくりした。今後は週末だけでなく平日の仕事帰りにも来たい」と喜んだ。

 同館は、28日まで日替わりで食事コーナーのメニュー1品を通常より安い500円で販売するなど、各種サービスを実施している。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行