ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
千曲の「竹林の湯」完成 温泉を住民交流拠点に
2007/12/26 09:48
千曲市にオープンした「佐野川温泉 竹林の湯」のしゅん工式

 千曲市が市西部の桑原地区に建設を進めていた日帰り温泉健康増進施設「佐野川温泉 竹林の湯」が25日、オープンし、しゅん工式が行われた。施設内には浴槽のほかに、世代間交流室や健康相談室などを設けており、地域住民の交流拠点としての活用も目指す。

 市によると、施設は延べ約800平方メートルの地下室付き鉄骨平屋。泉質はカルシウム・ナトリウム硫酸塩泉で、源泉の温度は37・3度ある。総工費は4億3800万円。名称は、市民から寄せられたアイデアを基に、市民有志でつくる名称選考委員会や市が決めた。

 しゅん工式では、市議らによる正面玄関の看板の除幕やテープカットを行い、近藤清一郎市長が「市民の健康増進とともに、地域住民のコミュニティー振興の場としての活用も期待している」とあいさつした。

 施設の開館時間は午前10時-午後9時で、毎月第2、第4水曜日と年末年始(29日-1月3日)が休館。利用料は、大人(中学生以上)250円、子どもと、65歳以上の市民は120円。3歳未満は無料。問い合わせは竹林の湯(電話026・272・6500)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行