ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
立科「権現の湯」一部値上げへ 年間券など20%程度
2007/12/21 10:17
来年2月から一部料金を値上げする立科町山部の「たてしなの里 権現の湯」

 立科町山部の町営温泉施設「たてしなの里 権現の湯」について、町は来年2月1日から利用料金の一部を値上げする。年間券などを約20%引き上げ、1回券との価格差を縮める。是正を求める声が利用客から寄せられていた。

 町議会12月定例会でこのほど、関連条例の改正案が可決された。中学生以上については、年間券を2万8000円から3万4000円、半年券は1万5000円から1万8000円にそれぞれ値上げ。春夏秋冬の各3カ月間で6000-9000円の季節券は、3カ月券として9000円に統一する。1回券(400円)や回数券は据え置く。

 現在の年間券を1日1回利用した場合、1回分の料金は90円台だ。

 1998年にオープンした権現の湯の昨年度の利用客は延べ約20万人。光熱費などの運営費として例年、一般財源から年700万円程度を充てている。本年度は原油高騰の影響で、昨年度より経費が百数十万円程度かさむ見込みだ。

 町は増収や経費節減策を検討中で、小宮山和幸町長は「2009年度には収支バランスをとりたい」としている。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行