ひまわりの湯かぐらの湯倉下の湯
伊那「羽広荘」改修 大型連休明けから工事、値上げも
2007/01/13 12:09

 伊那市は12日の市議会経済建設委員会協議会で、西箕輪の温泉宿泊施設「羽広荘」の改修計画の概要を報告した。5月の大型連休明けから7月中旬まで休業して工事を行う。改修後は客室を4ランクに分け、料金は現在より500―4000円程度引き上げる。

 全19室に洗面所をつけるほか、一部の客室は洋室にしたり、トイレを設けたりする。フロント周辺も整備し、調理場を充実させる。バリアフリーのためにエレベーターを設置し、段差の解消も進める。南アルプスの展望も生かして集客力アップを目指す。

 改修後の宿泊料は、南アを望める、トイレ付きの洋室が1泊2食付き一人、1万1000円程度の予定。現在の通常宿泊料は同7185円。市の試算によると、料金の引き上げにより年間2000万円の増収を見込む。

 改修の事業主体は、指定管理者として同荘を運営する市出資の第三セクター「伊那市総合開発株式会社」。設計・監理費は1000万円以内とし、同社の内部留保金を充てる。工事費は1億5000万円以内とし、同社が民間資金を借り入れ10年間で返済する。羽広荘は市所有で、同社が市に毎年2000万円の使用料を支払っている。市は工事費の元利償還金の半額を負担する。

 市はこの日、合併前の旧2町村の宿泊事業などを4月から市総合開発に統合するのに合わせ、同社の名称を「伊那市観光株式会社」とする方針を明らかにした。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ


信州日帰り温泉紀行