上高地線でXマス列車運行へ 女性タレントら乗車

2019/12/13 11:19
ODEK2019121301275901.jpg

 アルピコ交通(松本市)は21、22日、上高地線で特別仕様の列車「クリスマストレイン」を走らせる。クリスマス仕様のヘッドマークを取り付けて車内はモールなどで飾る他、女性タレントやモデルがサンタクロースの衣装で乗車して菓子などを配る予定。同社は「上高地線をゆったりと楽しむ機会にしてほしい」とPRしている。

 登山シーズンを終えた閑散期に利用促進を図ろうと昨年に続き2回目の運行。同線のイメージキャラクター「渕東(えんどう)なぎさ」を車体にあしらった「なぎさトレイン」(2両編成)を特別仕様にする。

 サンタの衣装で乗車するのは、いずれも県内を中心に活動するタレントやモデルの成美さん、夢宮まりあさん、甘栗もなかさんの3人。県内の風景と女性モデルを組み合わせた写真を掲載しているフリーペーパー「キミマチ」の発行団体「インビジブル・インク」(松本市)が協力した。

 列車は両日とも、松本発が午前10時10分、同11時半、午後1時29分、同2時46分、新島々発が午前9時22分、同10時53分、午後0時48分、同2時6分で運行。各便に成美さんら3人のうちいずれか1人が乗車する。

写真説明:クリスマストレインに取り付けられるヘッドマークのデザイン

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ