GK守田選手プロデュース 喫茶山雅「チキンソテー」

2019/11/30 10:10
ODEK2019113001270101.jpg

 サッカーJ1松本山雅FCの運営会社が経営する松本市大手4の「喫茶山雅」は12月1日、GK守田達弥選手(29)がプロデュースする定食とスイーツを発売する。このうち定食は弁当(税込み700円)にして今月30日、ガンバ大阪戦のパブリックビューイング(PV)を開くサンプロアルウィン(松本市)で先行販売し、J1残留を懸けた試合を盛り上げる。

 守田選手の愛称「ジャンボ」にちなみ「ジャンボチキンソテー」と名付けた定食は、アスリートの体づくりに欠かせないタンパク質が豊富な鶏もも肉のソテーに、緑黄色野菜のグリルを添えた。野菜のグリルは守田選手が愛用するアマニ油をかけて食べる。1200円(税別)。

 県内産の生搾りりんごジュースを使ったソルベ「JBのSRS〜信州(S)りんご(R)ソルベ(S)」も400円(税別)で発売。守田選手は「がっつりソテーを食べた後は口の中をさっぱりさせてほしい」としている。

 同店シェフの大月久樹さん(50)は「選手のプロデュースメニューを食べて、選手と気持ちを一つにして応援してほしい」と呼び掛けている。

写真説明:守田選手がプロデュースした「ジャンボチキンソテー」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ