若い女性の「居場所」考える 上田で9月20日講演会

2019/08/23 11:09

 上田市中央公民館は9月20日、性暴力被害を受けた若い女性らを支援する一般社団法人Colabo(コラボ、東京)代表の仁藤夢乃さん(29)の講演会を、同市材木町の上田文化会館で開く。国連の「国際ガールズ・デー」(10月11日)に合わせ、10代を中心に若い女性を取り巻く社会問題に目を向ける。

 演題は「街をさまよう少女に居場所を」。仁藤さん自身が中学、高校時代に街をさまよった経験があり、現在は女子中高生への声掛けやシェルターでの一時保護などの支援活動をしている。同公民館は、中高生などが巻き込まれる性被害、街をさまよう背景にある貧困などの環境を考えたいと説明。担当者は「教育関係者のほか、大学生など若い世代にも聞いてほしい」と話している。

 午後7〜8時半。入場無料。申し込み不要。講演会のチラシには、若い女性らが相談できる窓口一覧を載せ、公民館などで配っている。

 中央公民館が毎年開く「人権を考える地区市民集会」で、市人権男女共生課と共催する。これまで性的少数者(LGBT)や高齢者、障害者などの人権を扱ってきた。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ