七夕に音楽との出合いを 川岸女声コーラス、岡谷で

2019/06/11 10:15
ODEK2019061101182601.jpg

 諏訪地方や上伊那地方、塩尻市などの愛好家でつくり、岡谷市を拠点に活動する合唱団「川岸女声コーラス」が7月7日、市カノラホールで2年に一度のコンサートを開く。「七夕の日に音楽との出合いを楽しんでもらいたい」と、10日も熱のこもった練習をした。

 合唱団は1983(昭和58)年に発足し、現在は男性団員も加えた63人で活動している。コンサートに向け、5月末からは通常週1回の練習を週2回に増やしている。この日は岡谷市内の諏訪湖ハイツに約40人が集まり、発表曲を繰り返し歌った。

 コンサートは第1〜4ステージで構成。第1ステージは女性団員44人が組曲「初心のうた」を披露する。第3ステージは男性団員との混声合唱を発表。第4ステージは、作曲家岩河智子さん(東京)が構成、編曲した歌謡曲9曲を披露する。

 会長の折橋章子さん(56)=塩尻市=は「コンサートを通じて地域のさまざまな人たちと交流し、音楽文化の裾野を広げたい」と話している。午後2時開演。千円(高校生以下無料)。問い合わせは折橋さん(電話090・7193・0997)へ。

写真説明:来月のコンサートに向けて練習に励む「川岸女声コーラス」の団員たち

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ