龍岡城「お台所」一般公開 6日まで

2019/05/04 09:44
ODEK2019050401157701.jpg

 星形の城郭「五稜郭」で知られる佐久市田口の国史跡「龍岡城跡」で3日、1867(慶応3)年の築城時から現存する建物「お台所」内部の一般公開が4日間の日程で始まった。現在は龍岡城の模型や地元の田口地区から集められた民具などが並び、訪れた人たちは学芸員の説明を聞きながら、歴史を学んだ。

 市教委文化振興課によると、田野口藩主の松平乗謨(のりかた)が築城した龍岡城は明治維新後、門や建物の大部分が売られたり取り壊されたりした。藩主の食事を作る役割などを担った木造2階建てのお台所は、佐久市田口小学校の前身に当たる学校の校舎として使うために残されたという。

 初日は約250人が訪れ、展示品の軍服や蓄音機などを見学した。連休に合わせて家族と訪れた同市猿久保の保育士、羽田栞(しおり)さん(22)は「お台所に来るのは初めて。普段見ない昔の物を見られて良かった」と話していた。

 一般公開は午前10時〜午後3時。入場無料。

写真説明:龍岡城の模型を前に学芸員(左)から説明を受ける見学者

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ