境内でアート 小布施の寺で作家らが出店

2019/04/21 09:32
ODEK2019042101150701.jpg

 小布施町大島の玄照寺で20日、「境内アート×苗市」が2日間の日程で始まった。境内を中心とする会場に、県内外の作家ら約150組が出展。椅子やまな板などの木工家具や陶器、アクセサリーが並んだほか、飲食コーナーやお面作りの体験もあり、家族連れらでにぎわった。

 岐阜県高山市でデザイン会社を経営する蒲(かば)優祐さん(34)は、お面の絵付け体験を企画。子どもたちはアクリル絵の具で紙製のお面に色を塗り、完成したお面を着けて境内を駆け回るなどして楽しんでいた。

 21日は午前9時〜午後3時。入場無料。

写真説明:お面作りの体験などでにぎわう「境内アート×苗市」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ