松本でひな人形を彩色する実演会 作家の竹垣諒さん 13日まで

2019/01/13 09:52
ODEK2019011301103501.jpg

 松本市中央2の林人形工房で12日、ひな人形の衣装に絵柄を描く人形彩色作家の竹垣諒(りょう)さん(27)=神奈川県=による実演会が2日間の日程で始まった。開催中のひな人形展に合わせ、手作りの魅力を感じてもらおうと企画。巧みな筆遣いを披露した。

 竹垣さんは衣装に仕立てる前の織物ではなく、人形に着せた状態で絵柄を描く。折り目の部分は筆が入りにくいなど高い技術を必要とするが、最も見栄えする形で彩色できるのが特長だ。竹垣さんは数種類の絵筆を使い分け、アクリル絵の具で梅の花や枝、ウグイスを描いてみせた。

 工房には、北アルプスの山々や梓川などを衣装に描いた人形が並ぶ。竹垣さんは「地元への愛情や思い出を感じる人形として世代を超えて受け継がれてほしい」と話していた。13日の実演会は午前10時〜午後5時。無料。

写真説明:ひな人形の衣装に梅の花などを描く竹垣さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ