年末年始ガラス工芸に挑戦 諏訪で3日まで教室

2018/12/30 10:32
ODEK2018123001099301.jpg

 諏訪市の観光施設「SUWAガラスの里」で29日、安曇野市のガラス工芸作家山本達也さん(66)による工芸体験教室が1月3日までの日程で始まった。ガラス製品をより身近に感じてもらおうと、同施設が企画。来年のえと「亥(い)」にちなんだガラスのイノシシや、ペンダントなどを作ることができる。

 山本さんは都内の専門学校でガラス工芸を学び、ガラス工芸品の出来栄えを競うテレビ番組で2連覇した経歴を持つ。教室の参加者は、山本さんの手ほどきでガラス棒を火にあぶって溶かし、作りたい形に仕立てた。

 教室は期間中、毎日午前9時~午後4時半に開催。高温のバーナーを使うため小学3年生以上を対象とする。料金は1作品2700円。参加予約はSUWAガラスの里(☎0266・57・2000)へ。

写真説明:子どもにガラス工芸の手ほどきをする山本さん(右)

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ