D51照らし南木曽明るく 有志が電飾3000個

2018/12/11 10:15
ODEK2018121101094501.jpg

 南木曽町読書のSL公園にある「デゴイチ」の愛称で親しまれた蒸気機関車(SL)D51形に住民らがイルミネーションをともしている。町ににぎわいを呼ぼうと、同町広瀬の志水勝美さん(78)が町職員と発光ダイオード(LED)を飾り付けた。

 志水さんは以前、有志で「木曽谷に蒸気機関車を走らせる会」をつくり、塩尻―中津川間のSL運行を実現させようとJRなどに働き掛けてきた。なかなか実現できないままだが、町が旧国鉄から借りて展示しているD51形の周辺の清掃も続け、手伝ってくれた地元の中学生から、電飾を提案された。

 冬になると自宅を飾ってきたLEDを使い、2年前、D51形をともしたところ好評で、今年も約3千個を取り付けた。志水さんは「まだ近くの人が見に来る程度だが、大勢が来て町が明るくなってほしいね」と話している。来年1月3日までの午後5〜9時に点灯する。

写真説明:思いを込めた電飾で浮かび上がったD51

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ