プラネタリウム、Xマス気分に 茅野で22~24日

2018/12/08 11:40

 プラネタリウムでクリスマス気分に浸りませんか―。茅野市八ケ岳総合博物館はクリスマス直前の22〜24日、移動式の「モバイルプラネタリウム」で、開館30周年記念の特別番組「サンタの国の星空」を上映する。「サンタクロース村」があるフィンランドの夜空がテーマ。7月に七夕にちなんだ番組を上映したのに続き、親子向けに企画した。

 上映時間は約30分。北十字星と呼ばれるはくちょう座や冬の大三角形、オリオン座を投影しながら、学芸員が解説する。北極圏で太陽が地平線からほとんど昇らない「極夜」に見ることができるオーロラも投影する。

 期間中はクリスマス気分に思う存分浸れるよう、松ぼっくりをクリスマスツリーに見立てた飾りを作る体験会も随時開く。大人向けには、クリスマスにちなんだ曲を流しながら茅野の星空を投影する番組「星降るクリスマス」(約30分)を用意。同博物館は「カップルにお薦め」とPRしている。

 「サンタの国の星空」の上映は各日午後1時半からで、事前申し込みが必要。午後2時半からの「星降るクリスマス」は当日受け付ける。定員はそれぞれ15人。入館料は大人310円、高校生210円、小中学生150円。問い合わせは同博物館(電話0266・73・0300)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ