原村エコツーリズム 12月8日にツアーコンテスト

2018/11/30 12:10
ODEK2018113001086401.jpg

 原村で、自然や文化、歴史を保護しながら観光に生かす「エコツーリズム」のガイドを務める人たちが考案したツアーの初のコンテストが12月8日に開かれる。エコツーリズムの普及を目指す「八ケ岳登山企画」代表の山岳ガイド石川高明さん(51)が企画。事前審査を通った三つのグループが内容を発表し、大賞に選ばれれば、八ケ岳登山企画から実際に商品化される。

 コンテストには15件の応募があり、「原村の開発の歴史を辿(たど)る道」「体験!NewMoonNight」「御小屋山のお宝探し村境の山歩き」が事前審査を通過した。当日は、それぞれが実施したモニターツアーの様子を写真で紹介しながら説明する。一般市民も参加できる。

 審査員は石川さんら3人で、エコツーリズムの趣旨に合うか、商品としての魅力があるかなどの観点で審査する。石川さんは「自然や歴史を掘り下げたツアーで原村の魅力を高めたい」と話している。

 原村と日本エコツーリズム協会(東京)は、原村で活動するエコツーリズムガイドの養成講座を2016年から開催。これまでに諏訪地方や首都圏などの51人を認定した。今回はガイドの知見を観光振興につなげようと、ガイド複数人によるグループでツアーを考案し、応募するよう呼び掛けた。

 コンテストは原村の八ケ岳自然文化園内にあるレストラン「デリ&カフェ『K』」で午前10時〜正午。無料。

写真説明:エコツーリズムのガイドによるツアーコンテストをPRする石川さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ