バッグなど手作り300点 手の仕事!仲間たち展

2018/11/25 09:20
ODEK2018112501084601.jpg

 長野市新田町の朝陽館荻原書店にあるギャラリー「蔵」で24日、「手の仕事!仲間たち展」が始まった。長野市や上田市でマフラーやバッグを手作りしている男女7人の作品約300点が並ぶ。

 出品者のうち長野市三輪のパート社員原美和子さん(65)は、植物などの模様が入った布を縫い合わせてよだれかけを作った。「いろいろな布の組み合わせを考えるのが楽しい」と言う。同市中越の主婦田部秀子さん(70)は、赤や白の花の刺しゅうを施したポーチを出品した。

 7人はそれぞれ、地元の草木染教室などの生徒や指導者らで、年2〜3回、一緒に展覧会を開く仲間。田部さんは「7人の個性豊かな作品を大勢に見てほしい」。

 27日までの午前10時〜午後5時。入場無料。

写真説明:手作りのマフラーやバッグなど約300点が並ぶ「手の仕事!仲間たち展」

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ