絵本手作り40年 岡谷の団体、12月に記念展示会

2018/11/22 11:12
ODEK2018112201083901.jpg

 岡谷市の「川岸手づくり絵本の会」が発足40年を迎え、12月1、2日に市内で記念の展示会を計画している。同会は、絵本やカレンダー、紙芝居などを手作りしてきたグループで、元会員が中心になって岡谷市以外にも同様のグループが広がった。展示会では手作り絵本を展示したり、同会の歴史を振り返ったりする予定だ。

 同会は、保育園児の保護者12人が「子どもへの思いや成長記録を本にして残そう」と1978(昭和53)年に設立された。活動は絵本からカレンダーや紙芝居などにも広がった他、元会員が転居先で活動し、毎年各地で巡回展が開かれるまでになった。

 市立岡谷美術考古館で開く記念展示会には、約40人が計300点を出品。子どもの話をヒントにした自作の物語や市内で8人が亡くなった2006年の豪雨災害の記録などテーマはさまざまで、孫の成長記録や旅行記、介護などの題材も増えているという。

 現在の会員は6人。会長の小松史子さん(66)は「活動に参加したいと思う人を増やす機会にもしたい」と来場を呼び掛けている。無料。

写真説明:発足40年の記念展示会に出展する手作り絵本を見る会員

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ