きらり、雪の女王 佐久でイルミネーション始まる

2018/11/16 10:16
ODEK2018111601082301.jpg

 真空ポンプなど製造の樫山工業(佐久市)は15日夜、発光ダイオード(LED)約25万個を使ったイルミネーションの点灯を佐久市根々井の本社工場で始めた。国道141号沿いの同社敷地に青や白の光が輝き、行き交う人たちの目を楽しませた。

 2005年に始めた恒例行事で、14回目となる今年のテーマは「雪の女王 氷のお城」。社員が約1カ月かけて飾り付けた。点灯式で高さ約11メートルの城や、トナカイをかたどった電飾に青や白の光がともされると、家族連れらは拍手とともに「おーっ」と歓声を上げ、見入ったり記念撮影をしたり。

 今年は、佐久署管内で交通事故が多発していることを受け、同署員と岩村田高校(佐久市)の生徒らがイルミネーションを見に来た人たちに反射材などを配っていた。

 点灯は来年2月28日までの午後4時半〜午前0時。

写真説明:今年も点灯が始まった樫山工業のイルミネーション

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ