LED50万球で「愛」彩る 佐久

2018/11/04 10:07
ODEK2018110401076201.jpg

 佐久市のJR佐久平駅近くの市ミレニアムパークを約50万球の発光ダイオード(LED)で彩るイルミネーションの催し「SAKU BLOOM(サク・ブルーム)」が3日、開幕した。ハートや花などをかたどった電飾が輝き、家族連れやカップルが「きれい」と見とれていた。無料。

 佐久青年会議所などでつくる実行委員会主催。冬場に佐久へ足を運ぶ人を増やそうと始まった。7年目の今年は「愛」がテーマ。LEDは青やピンク、赤などを織り交ぜつつ、白色が目立つ配置となっており、例年より明るいね―との声も。ハートをかたどったアーチをくぐる「ハートゲート」や、色とりどりのクローバーの電飾が広がる。

 佐久市協和の幼稚園年長の鍋田小糸ちゃん(6)は父親の知宏さん(43)と訪れ、「ハートの形の明かりがかわいくてきれい」と楽しそうに見つめていた。来年1月26日まで。午後5〜11時に点灯する。

写真説明:ハート形などの電飾が輝く「SAKU BLOOM」の会場

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ