専門学校生が手作り品販売 長野駅ビルに期間限定店

2018/11/02 11:19
ODEK2018110201075501.jpg

 長野市の専門学校「岡学園トータルデザインアカデミー」の学生が6日まで、手作りのアクセサリーや生活雑貨などを販売する期間限定の店舗「M/O(モー)」を、同市のJR長野駅ビル「MIDORI長野」の東急ハンズ長野店内で開いている。エプロンやリボンを巻いたハンガーなど約千点を販売する。

 学生がブランドの立ち上げから商品の制作、店舗での販売までを担当する取り組みで、今年で5回目。「ナチュラルにぬくもりを感じられる手作り品」をコンセプトに、2年生を中心に約50人で準備を進めてきた。

 「社長」を務める2年生の宮入朱里(あかり)さん(20)によると、幅広い世代に手に取ってもらえるよう「実用的な商品を増やした」といい、鍋敷きや赤ちゃん用の「スタイ(よだれかけ)」など約130種類を作った。表面を生地で包んだ「くるみボタン」のイヤリングや、唇のデザインをしたティッシュケース、おにぎりに見立てたポーチなど、個性的な商品が並ぶ。

 宮入さんは「他には無いものばかり。お気に入りの商品を見つけてほしい」と話している。午前10時〜午後8時。

写真説明:学生が手掛けたアクセサリーなどの商品が並ぶ会場

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ