信毎ロビーにバッハの響き 長野で19日コンサート

2018/10/12 11:07

 信毎文化事業財団は19日、長野市南県町の信濃毎日新聞社で第22回信毎ロビーコンサートを開く。ともに長野市出身で、バイオリニストの荒井雅至さん(東京都西東京市)がバッハの無伴奏バイオリンソナタなどを演奏、チェロ奏者の松谷明日香さん(千葉県市川市)が賛助出演する。

 荒井さんは国立音楽大を卒業後、読売日本交響楽団を経てウィーンに留学。帰国後はチェンバロ演奏の国内第一人者、小林道夫さんの薫陶を受け、25年にわたり共にデュオコンサートを続けた。松谷さんは同大を卒業後、オーケストラや室内楽を中心に活動。現在は東京ニューシティ管弦楽団に所属、母校の小諸高校(小諸市)で音楽科の特別非常勤講師も務める。

 荒井さんは「音楽人生の集大成としてバッハを究めようと日々精進している。その成果を聴いてほしい」としている。他にヘンデルのバイオリンソナタなどを演奏する。

 当日は午後6時半からで入場無料。会場に駐車場がないため、同財団は公共交通機関の利用を呼び掛けている。ロビーコンサートへの出演希望者も募っており、問い合わせは同財団(電話026・236・3382)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ