バラまつりにフリマと軽トラ市 中野で10月、出店者募集

2014/09/18 11:29
ODEK2014091800295501.jpg

 中野市の一般社団法人「一本木公園バラの会」は、管理している一本木公園で開く恒例の「秋のバラまつり」(10月11〜19日)に合わせ、「フリーマーケット&軽トラ市」を初めて開く。土日曜と祝日に計画しており、同11〜13日、18、19日の計5日間実施する。多くの市民らに参加してもらうことで、秋のバラまつりを盛り上げようとの試みだ。出店希望者を募っている。

 軽トラ市は、軽トラックの荷台に商品を載せ、一本木公園を訪れた人に販売する。同バラの会は「朝収穫したばかりの野菜や、リンゴやブドウといった旬の果物を販売してほしい」と呼び掛けている。フリーマーケットは、日用品や衣類などの販売を想定している。

 開催時間は午前9時〜午後4時。公園内にある野外ステージ付近に、1区画縦横3・5メートルの販売スペースを17区画設ける。出店料は1区画1日500円で、出店者1人に付き、1日1区画を使える。先着順に申し込みを受け付けている。

 一本木公園には850種2500株のバラが植えられている。一斉に花を付ける初夏のバラまつりが人気だが、年に何度も花を付ける「四季咲き」の品種も多いため、秋にもバラまつりを開いている。秋はダリアの花も楽しめる。期間中には、地元のバラ生産者によるバラの育て方の講習会、音楽イベント、バラの苗木の販売などがある。入園は無料だが、駐車料金は1台500円が必要。

 問い合わせは一本木公園バラの会事務局(電話0269・23・4780)へ。

写真説明:「フリーマーケット&軽トラ市」が開かれる一本木公園

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ