松本城に流れる風流な時 「月見の宴」開催中

2014/09/06 11:10
ODEK2014090600265901.jpg

 松本市の松本城で9日まで、月見をしながら音楽などを楽しむ恒例の「月見の宴」が開かれている。5日夜も、無料開放された本丸庭園に訪れた人が、ライトアップで夜空に浮かぶ天守を眺めながら風流な音楽に耳を傾けた。

 「お月見」の文化を松本城の風情と共に楽しんでもらおうと、中秋の名月(今年は8日)に合わせて松本城管理事務所が毎年開いている。この日は雲が覆い月は見られなかったが、市民グループが月見櫓(やぐら)で約2時間、フルートや琴を演奏した。

 スズムシの音も響く中、会場には月見だんごや豚汁の屋台、茶席も設置。毎年訪れている松本市蟻ケ崎の大野幸恵さん(43)は「琴の音を聞きながらお抹茶を飲むなんて、ぜいたくな気分」。長男の開智小4年聖輝(まさき)君(9)は「抹茶は苦くておいしい。お城もかっこいい」と笑顔だった。

 期間中は午後5時半〜8時半まで本丸庭園を無料開放する。

写真説明:月見櫓(左)で繰り広げる演奏に聞き入る来場者たち

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ