飯伊の獅子舞集い10月フェス 飯田市街地で演舞披露

2014/09/04 11:34

 飯田下伊那地方を代表する獅子舞が集う「第7回南信州獅子舞フェスティバル」(実行委員会主催、信濃毎日新聞社など共催)が10月19日午前9時〜午後3時半、飯田市中心市街地で開かれる。22団体が参加して市街地の5カ所で獅子舞を繰り広げる予定。昨年は悪天候のため中止となったことから、今年は雨天の場合は市公民館ホールで演舞を披露する形に変更する。

 飯田下伊那地方の獅子舞は大型の「屋台獅子」が特徴。飯田市や阿智村、喬木村、高森町、伊那市の団体が街中に集結し、各地域の誇る獅子舞や太鼓をアピールする。会場の盛り上げ役として今年から、女性が「おかめ」の姿をした「獅子ガール」も登場する。

 当日は中央通り1〜4丁目などの5カ所に演舞場所を設定。各場所ごとに5、6回の演舞時間帯があり、参加団体が交代で出演する。市公民館前の多目的公園には1人1500円の有料席を設ける。

 また、市公民館では当日午前10時〜正午、手作りの獅子で舞いを競う「第5回創作獅子舞コンクール」を開催。コンクールへの参加は9月30日まで受け付ける。

 実行委の戸崎敬会長は「昨年は残念ながら雨で中止だった。今年はにぎやかなフェスティバルができるようにしたい」と話している。フェスティバルやコンクールの問い合わせは飯田観光協会(電話0265・22・4851)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ