伊那谷の魅力的な場所PRへ 初回は箕輪で森のジャズライブ

2014/05/27 11:17

 箕輪町など伊那谷在住の有志が実行委員会をつくり、身近にありながら人があまり訪れない場所を掘り起こし、催しを開いてその良さを伝える企画を始める。初回は6月1日、足元の自然を満喫してもらおうと、同町大出の平林森林公園で「森のジャズライブ」を開催。その後も、飯田下伊那地方を含めた伊那谷で魅力的な場所を探し、さまざまな催しを展開する考えだ。

 平林森林公園はカラマツ林で、地元の大出区が管理する。間伐をしたり、あずまやを建てたりして整備したものの、利用する人は少ない。実行委員で箕輪町職員の土岐俊さん(36)は、同公園近くに自宅があり、以前から「こんなに気持ちのいい場所なのに、訪れる人が少ないのはもったいない」と感じていたという。森のジャズライブは広島市で開催例があり、同市で出演したサックス奏者の藤井政美さん(広島県)らを招き、森の中でジャズを楽しむ。

 有志はライブに向け、落ちている枝やごみを拾い、テーブルのペンキを塗り直すなど準備を進めている。子どもにも楽しんでもらえるよう、木製のブランコも取り付けた。

 土岐さんは「緑がきれいで、一番気持ちがいい季節。森の中でジャズを聴きながら、ゆっくりとした時間を楽しんでほしい」と話している。

 午後1時開演。定員70人。参加費千円で、コーヒーとそば粉の菓子付き(18歳未満は無料)。雨天中止。問い合わせ、申し込みは土岐さん(電話090・1046・5786)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ