クラフトフェアまつもと 街歩きや催し、地図で紹介

2014/05/22 11:01
ODEK2014052200218701.jpg

 松本市などで開催中の「工芸の五月」の実行委員会は、24、25日に同市あがたの森公園で開かれる「クラフトフェアまつもと」に合わせて市街地で企画された催しなどを紹介する地図「MATSUMOTOCRAFTWALK(クラフトウオーク)」を発行した。フェアに訪れる人に街歩きも楽しんでもらおうと1万部作成し、市大手事務所などで無料配布を始めた。

 「商店と工芸」と題し、すでに工芸品展示などを始めている店舗や、六九商店街周辺で開く「六九クラフトストリート」(23〜25日)の参加店舗を地図上に示した。

 24、25日の催しも紹介。市内の9店舗があがたの森公園近くのスマイルホテル松本駐車場で商品販売する「松本ノオミヤゲ」(松本商工会議所主催)、信州大(本部・松本市)の学生が松本城大手門枡形(ますがた)跡広場で休憩スペースをつくる「すわりまわる」などの内容を載せた。

 フェアに合わせ、「バスDAYまつもと」と銘打って市街地を走るバスの料金も紹介。地図はA3判の大きさで畳むと手のひらサイズになる。実行委事務局の倉沢聡さん(38)=松本市清水=は「地図を手に、バスや自転車、徒歩で、ゆっくりと過ごしてほしい」と話している。

 地図は24、25日、フェア会場や松本駅でも配る。問い合わせは実行委事務局(電話0263・34・6557)へ。

写真説明:「工芸の五月」の企画や市街地の見どころが盛り込まれた地図を手にする倉沢さん

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ