端午の節句に武者の押絵雛 松本の馬場家住宅で展示

2014/05/01 11:29
ODEK2014050100212201.jpg

 松本市内田の重要文化財で、市立博物館分館の馬場家住宅で、松本地方の伝統工芸品「松本押絵雛(おしえびな)」を展示した企画展が6月8日まで開かれている。端午の節句に合わせ、歴史上の武将を題材にした五月人形の押絵雛を中心に約50点を紹介。5月1日は市制施行記念日で松本城天守や市立博物館などの市の文化施設とともに無料で入館できる。

 松本押絵雛は手足や衣服などの型紙に布を貼って綿を入れて作る。企画展では、馬場家の先祖は戦国大名武田信玄の家臣と伝えられていることから武田信玄を題材にした作品や、歌舞伎の一場面を切り取った作品などを展示した。

 午前9時~午後5時まで。通常は大人300円。中学生以下無料。

写真説明:戦国時代の武将を題材にした松本押絵雛などが並ぶ企画展

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ