諏訪湖で連日花火800発 8月1日から1カ月「フェス」

2013/07/30 10:15
ODEK2013073000141801.jpg

 諏訪の夏の夜空を約1カ月にわたり花火で彩る「サマーナイトファイヤーフェスティバル」が8月1日、諏訪市の諏訪湖で開幕する。9月6日までのほぼ毎晩、諏訪湖沖の初島から約800発の花火を打ち上げ、「フィナーレ」の9月8日には約1万8千発で締めくくる。

 諏訪観光協会や諏訪湖温泉旅館組合でつくる実行委員会が主催し、ことしで11年目。諏訪湖祭湖上花火大会の8月15日と全国新作花火競技大会がある9月7日を除き、期間中は毎日午後8時半から15分間、花火が上がる。

 同8日のフィナーレでは、午後7時半に太鼓演奏を披露する第1部が開幕。午後8時10分からの第2部では、音楽に合わせて花火を打ち上げる。小雨決行で無料。

 8月1〜10日は花火に先立ち、諏訪湖畔の野外音楽堂でアマチュア演奏グループなどが出演する野外コンサート「諏訪湖音楽の夕べ」も開く。問い合わせは同組合(電話0266・52・7155)へ。

写真説明:諏訪湖上を鮮やかに彩った花火=昨年8月9日

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ