阿南・新野の「盆踊り」と「雪祭り」 酒瓶ラベルでPR

2013/07/27 10:08
ODEK2013072700141101.jpg

 阿南町新野地区で8月14日夜から17日朝まで開かれる「新野の盆踊り」(国重要無形民俗文化財)に向けて、浴衣姿で踊る住民らを写した写真をラベルにした日本酒が地区内で売られている。毎年1月に行われる「新野の雪祭り」(同)のラベルも用意し、帰省客や観光客らに新野をアピールする狙いだ。

 盆踊りと雪祭りの両保存会が飯田市内の酒造会社に依頼した。盆踊りや雪祭りに参加する住民や観光客から、記念品を求める声が寄せられ、両保存会が昨年から独自のラベルを作っている。

 昨年は、メーン通りで踊る浴衣姿の住民と灯籠の写真を使った2種類のラベルを用意。1・8リットル瓶と300ミリリットル瓶の計696本が完売した。

 ことしは、盆踊りの踊り手と雪祭りの舞い手を描いたイラストのラベル2種類を追加。盆踊りのラベルを貼った300ミリリットル瓶(200本)、720ミリリットル瓶(72本)、1・8リットル瓶(88本)と、雪祭りのラベルの720ミリリットル瓶(58本)を販売。地区内の酒店や道の駅「信州新野千石平」などで扱っている。

写真説明:「新野の盆踊り」と「新野の雪祭り」のラベルを貼った日本酒の瓶

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ