宮田の地ビール「伊勢滝の風」 ことしも無事に発売

2013/07/04 10:20
ODEK2013070400134001.jpg

 宮田村酒販店活性化委員会は3日、中央アルプス山麓の湧き水を使った地ビール「伊勢滝の風」を発売した。2日夜、発売記念パーティーが村内であり、村内外の約150人が乾杯して祝った。

 大型店と競合する中、村独自の商品で活路を見いだそうと委員会が2005年から発売。村内の伊勢滝(標高約1900メートル)近くの水をくみ、村内の南信州ビール駒ケ岳醸造所で造っている。

 パーティーでは約200リットルを用意。初めて飲んだという南箕輪村の団体職員山本ゆかりさんは「のど越しが良く、ゆっくり味わえる」。委員長の細田健一さん(61)は「ことしも無事に発売できた。村のためにも毎年続けていくことが大切」と話した。

 委員会加盟5店で3千本販売。330ミリリットル瓶で500円。問い合わせは入田(いりた)細田酒店(電話0265・85・2105)へ。

写真説明:パーティーで「伊勢滝の風」を味わう参加者

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ