撮ってびっくり、トリックアート展 松本市で始まる

2013/04/28 13:59
ODEK2013042800114301.jpg

 錯覚で立体的に見えたり、見る角度によって印象が変わったりする作品を集めた「トリックアートin松本」が27日、松本市の百貨店「井上」で始まった。絵を背景にすると、びっくりする写真が撮影でき、初日から大勢の家族連れなどでにぎわった=写真。

 信濃毎日新聞創刊140周年記念事業。約30点あり、大半は人の背丈以上ある。絵の中に入ったように見える撮影ポイントが示されており、巨大なカブトムシの角や脚を触る、パンダにササを与えるなどの構図が楽しめる。

 佐久市平賀の井上美奈子さん(49)は、長女で小学6年の美玖(みく)さん(11)がアヒルの頭をなでているように見える写真を撮影。「かわいく撮れた」と親子で喜んでいた。

 5月12日まで。高校生以上800円、小中学生500円。未就学児は無料。問い合わせは信濃毎日新聞松本本社事業部(電話0263・25・2153)へ。

北陸と信州・長野、新潟の観光情報が満載! 北陸・信越観光ナビ